お電話での
お問い合わせ

高槻市のI様邸、外壁塗装工事

高槻市のI様邸、外壁塗装工事です。
以前別件で工事をさせて頂いていた、
施主様からのご依頼で、
外壁塗装のお見積もりを作成しました。

高槻営業所、営業の<市橋>です。
建築の仕事について30数年。
これまで御縁のあったお客様も数多くいらっしゃいます。
「お願いしてよかった」「次もまたお願いします。」等の嬉しいお声も頂きます。
これからもお客様にご満足頂ける仕事を心掛けてまいります。

外壁施工​中

施工前の外壁です。
大きな損傷などはなく、
補修工事も必要なかったため、
今回は塗装のみの施工となります。

塗装前に必須となる、洗浄工程です。
洗浄をしっかりと行うことで、塗装の際に不純物が壁面に固着してしまうことを防ぎ、
塗装の耐久性を100%引き出せるようにします。

今回使用した塗料です。写真左上が下塗用、右上が上塗用となります。
屋根塗料材、下塗り材:日本ペイント "1液ベストシーラー" 上塗り材:日本ペイント "サーモアイSi"
外壁塗料材、下塗り材:日本ペイント "パーフェクトフィラー" 上塗り材:日本ペイント "オーデフレッシュSi100Ⅲ"

塗装は "下塗り" "中塗り" "上塗り"の3工程となります。
下塗り材は、多少なりとも凹凸のある壁地を平坦にしてくれる他、上塗り材と壁面との接着剤の役割も果たします。

屋根の塗料がある程度乾燥してきたら、
「縁切」と呼ばれる作業を行います。
カラーベスト材の段差部分に固着した塗料を、
専用の工具で切断していきます。
いかに耐候性に優れた屋根材であっても、
風雨や温度の影響で変形していきます。
塗料が段差で固着してしまうと、
材料の変形しようとする力が逃げられず、
屋根材が割れてしまう原因になります。

樋や雨戸などの鉄部・木部も、キッチリと防水塗装を行い、サビや腐食を防ぎます。

施工後

塗装が完了したら、乾燥を待って足場を解体して完工です。
天候にも大変恵まれたため、予定工期を繰り上げての完工となりました。
外壁・屋根のほか、手すりなどの露出部分も塗装を施しましたので、傍目には新築と遜色のない見栄えになっています。
お客様にも満足して頂けました。ありがとうございました。
タグ:高槻営業所 , 外壁塗装 , 外まわり

施工事例一覧を見る