お電話での
お問い合わせ

高槻市のM様邸、外壁塗装工事

高槻市のM様邸、外壁塗装工事です。
外壁部分のヒビ割れが増えてきたということで、
チラシをご覧になられ、ご相談を頂きました。
ヒビ割れは家屋の美観を大きく損ねる他、
放置すると序々に拡大し、
最悪は家屋内への漏水へと至りますので、
手遅れになる前に、早急な対策が必要です。

高槻営業所、営業の<市橋>です。

建築の仕事について30数年。

これまで御縁のあったお客様も数多くいらっしゃいます。

「お願いしてよかった」「次もまたお願いします。」等の嬉しいお声も頂きます。

これからもお客様にご満足頂ける仕事を心掛けてまいります。

外壁施工中

施工前の外壁の様子です。
遠目にも、ややくすみが目立っていました。
足場、メッシュシート養生などを施し、
塗装工事へと取り掛かりました。

塗装前の下準備、水圧洗浄を行っているところ。
高水圧で外壁の汚れを、丁寧に洗い流します。
外壁に汚れが付着したまま塗装を行うと、
早期に剥離を起こすなど、
耐久性に大変な影響が出てしまいます。

ヒビ割れ部分の補修です。
弾力性のあるシリコン剤を使い、ヒビを埋めていきます。
間隙部位にシリコンを埋めていく作業は、
「コーキング」といい、家屋を風雨から守る上で、
非常に重要な作業のひとつです。
外壁リフォームを行う際は、
塗装前に必ずこの工程を行います。

今回使用した塗料です。
左から、
日本ペイント:パーフェクトフィラー(屋根下塗材)
日本ペイント:1液ベストシーラー(外壁下塗材)
日本ペイント:サーモアイSi(屋根上塗材)
日本ペイント:オーデフレッシュSi100Ⅲ(外壁上塗材)

塗装は下塗り⇒中塗り⇒上塗りの3段階で行います。
下塗材は、壁面の凹凸を均す役割のほか、
壁面と上塗り塗料との接着剤の役割を果たします。
下塗材が十分乾燥したら中塗り、上塗りへと、
工程を進めていきます。

雨戸・樋などの露出部にも、防水塗装を施します。
鉄部・木部は、放置するとサビや腐食で、
ボロボロになってしまいます。
塗装の剥離が確認されたら、
早めの再塗装が必要です。

施工後

塗装が完了したところ。
近くで見ても、新築と見まごうまでの美観を取り戻しています。
適切な時期に外壁のメンテナンスを行うことで、家屋は大変長持ちするようになります。
外壁にヒビ割れやチョーキング現象(塗料が粉末状に風化してしまう現象)が見られたら、
お早めにメンテナンスをご検討下さい。

施工事例一覧を見る