お電話での
お問い合わせ

高槻市のK様邸、外壁塗装工事

高槻市のK様邸、外壁塗装工事です。
日本ペイント"オーデフレッシュSi100Ⅲ"で施工させて頂きました。
色については、元の外壁よりもややグリーンを含ませたカラーを採用、
汚れが目立ちにくく、かつ周辺の建物とは少し変化ができ、キレイに仕上がりました。

高槻事務所・営業担当の<葛城>です。

リフォームの仕事は34年になりますが、
いつまでたっても日々勉強です。
初心を忘れずに65歳まで頑張りたいと思っています。

施工​前

施工前の外壁の状態です。
外壁モルタルのひび割れや、給湯器取り外し跡の未塗装部位があったり等で、美観を損ねています。
当初は実用性と価格の観点から、塗材は日本ペイント"DANシリコンセラ"でお見積もりさせていただきましたが、
将来性を考え、より耐久度の高い"オーデフレッシュSi100Ⅲ"を採用頂きました。

塗装の前には、かならず高圧洗浄を行います。
汚れを洗い流す効果に加えて、
劣化して浮いてきている塗膜も除去します。

鉄製手摺の塗装です。
サビやめくれかけのペンキを丁寧にはがし、
錆び止め塗料を塗ります。

鉄部には、サビ止め塗料を塗った上で、
さらにウレタン塗料を2度塗り致します。
写真はサビ止めを施したところ。
どんな仕事でも、初めの下処理が肝心です。

外壁クラック(ひび割れ)補修のコーキングです。
以前になされていた分が非常に分厚く盛られており、
上から塗装するのは困難と判断。

スクレーパーという工具をつかって丁寧に撤去。
その上で、コーキングを施工しなおしました。

これも大切な下処理の一つ。
こういった一手間が、仕上がりに大きな差を生みます。

以前にガス給湯器が設置してあった部分です。
ここだけ以前から未塗装状態になっていたため、
周辺にモルタル調の凹凸を付け、周囲と調和させます

弾力性のあるアンダーフィラーを使って下塗りを行います。フィラーとは『中間材』の意。
この下塗り塗料は、上塗りする塗料を良く接着させるための接着剤の役割も果たします。

中塗り・仕上げ塗りは オーデフレッシュSi100Ⅲを使用。
シリコン系の塗料ですが、DANシリコンセラに比べて 耐久性がアップします。

完全水性塗料なので、施工中のイヤな臭いもなく、
ご近所様へどうしてもかかってしまうご迷惑も軽減。
それでいて、高耐久・低汚染・透湿性・防カビなど、
機能性もバツグンです。

雨戸は一枚一枚取り外し、丁寧に水洗いしてから、
ウレタン塗装を施します。
樋、屋根、エアコンの架台など、
場所ごとに適切な色を選択します。

施工後

塗装工事の終了後、ベランダテラス屋根取付、勝手口ドア交換など、追加工事も頂きました。
お客様には大変喜んでいただけ、リフォーム営業として嬉しい限りでございます。
ありがとうございました。

施工事例一覧を見る