お電話での
お問い合わせ

枚方市のN様邸、外壁塗装工事

枚方市のN様邸、外壁塗装工事です。
広告チラシを見たということで、ご相談を頂きました。
元々は雨樋のサビが気になっていたということで、
露出部の部分塗装を検討されていましたが、
外壁自身の塗装にも劣化が見られました。
どうせ足場を組むのなら、ということで、
外壁塗装もお見積もりを作成させて頂きました。
工事後、お写真を頂きました!
ありがとうございました。

高槻事務所・営業担当の<葛城>です。 リフォームの仕事は34年になりますが、 いつまでたっても日々勉強です。 初心を忘れずに65歳まで頑張りたいと思っています。

施工​前

施工前の写真です。
築15年程度のお家で、
新築以来、外壁は塗装していなかったとのこと。
樋、雨戸の一部に赤サビが見られたほか、
外壁にも軽度のクラックが見られました。
足場を組み立てた後、工事に入ります。

施工前の屋根の写真です。写真右は高圧水を用い、汚れを洗浄しているところになります。
写真のようなスレート屋根は耐久性が極めて高く、メンテナンスフリーでも30年ほどは雨漏りを起こさないと言われています。
しかしながら、表面の塗装はこのように、10年程度で剥げていきます。
屋根塗料は日光を反射し、室内の温度上昇を抑えるといった断熱の役割を持つため、
定期的な塗りなおしが必要です。

棟包みの部分に金属塗装を施しています。
まずは紙やすり等を使い表面のサビを落とします。
写真はサビ止め材を塗布しているところになります。

サビ止め材の乾燥を確認したら、中塗り、上塗りへと工程を進めます。

外壁も同様に、洗浄⇒下塗り(プライマー処理)⇒中塗り⇒上塗り、と工程を進めます。
何層にも塗り重ねるのは、塗料の耐久性を十分に発揮させるという理由の他、表面の発色を安定させる効果があります。
外壁、屋根は、最も風雨の影響を受けやすい部分。
家屋に万一にも雨水の侵入を許さぬため、丁寧な施工を心がけています。

施工後

完工後の写真です。
やや天候の影響を受けましたが、工期通りに完工致しましてホッとしております。
今回使用した塗料は、外壁:日本ペイント シリコン系塗料 " オーデフレッシュSiⅢ "
屋根:日本ペイント 遮熱塗料 " サーモアイSi "
共に10年以上という高い耐候性を持つ、弊社塗装工事の標準塗料です。

施工事例一覧を見る