お電話での
お問い合わせ

東大阪市のK様邸宅、ベランダ防水工事

東大阪市のK様邸宅、ベランダ防水工事です。
ベランダ階下の1Fリビング部で、
雨漏りが発生しているとのことでご連絡があり、
早急な対処をご希望でした。

東大阪ショールーム店長の<古谷>です。

お客様に満足していただけるようなご提案ができるよう、

精一杯頑張っていきたいと思います。

施工前

施工前のベランダ部です。
ベランダの排水ドレンの詰まりが確認されたため、それによるベランダ床面の劣化から、
雨水の階下への貫通が発生してしまったものと思われます。
汚水桝の底が破損していることも判明しましたので、それのモルタル補修工事も実施しました。

施工後

ベランダ防水が完成したところ。
今回はウレタン防水「通気緩衝工法」という施工法を採用、左上写真の中央右に「脱気筒」と呼ばれる筒が見えています。
この筒は、今回施工した三層のベランダ防水のさらに下に敷設した、通気緩衝シートと呼ばれる中間層と接続されており、
下地のモルタルやコンクリートに閉じ込められている水分を逃がす役割を果たします。
防水層の寿命を高め、雨漏りの原因を排除するのに、高い効果を発揮します。

施工事例一覧を見る