お電話での
お問い合わせ

吹田市のO様邸、カバー工法による屋根工事

吹田市のO様邸、カバー工法による屋根工事です。
屋根の劣化に伴いメンテナンスをご検討中で、
弊社ホームページよりご相談を頂きました。
今回は予算の制約もあり、
カバー工法による工事をご提案致しました。

吹田店、営業の<木谷>と申します。

建築営業一筋でやって参りました。

お客様からの「ありがとう」の一言がたまりません。宜しくお願い致します。

施工前

施工前の屋根の外観です。
表面の塗料が剥げ落ちてしまっており、
スレートそのものにも傷みが見られました。
見栄えの問題もありますが、
防水性の観点からみても、
このまま放置すると危険な状態といえます。
今回はカバー工法により予算を抑えつつ、
新築のような仕上がりの屋根を施工します。

既存屋根面の上から、
防水用のアスファルトルーフィングを敷設。
その上に新しいスレート屋根材を施工していきます。

施工後

ケラバ、水切り部を丁寧に処理し、施工完了です。
今回採用した商品は、
IG工業 "スーパーガルテクト フッ素"、
塗膜に遮熱性の高いフッ素材を利用した商品で、
高い遮熱効果で室内温度の上昇を抑え、
光熱費の低減に貢献します。
ありがとうございました。

施工事例一覧を見る